松竹Cinema Classics

  • Facebook
  • Twitter
メニュー

木下恵介の全作品

公開日:
1959年4月28日
本編尺
102分カラー
こんな作品
アイコンの説明

みどころ

あらすじ&解説

会津若松で育ち、東京の大学に通う岩垣が久々に帰省し、4人の友人と再会した。しかし、現在の立場や環境を異にする彼らには、既にそれぞれの人生の苦悩があり……。
人が純粋なまま歳月を積み重ねていくことの困難と、それでも変わることのない友情の美しさを綴る青春映画。かつて討幕軍に徹底抗戦して全滅した白虎隊の若者たちと彼らをダブらせながら、そのリリシズムを際立たせている。木下監督が発掘した若手男優たちが織り成す美意識の濃厚な発露ゆえに、本作の場合さらに奥深く複合的な人間観察が瑞々しくも秀逸に描出されており、堕ちた元エリートの岩垣(川津祐介)と、彼を慕う彰(山本豊三)との関係性もさながら、彼らの兄貴分でもある牧田(佐田啓二)と白虎隊の舞を踊る芸者みどり(有馬稲子)の虚無的存在感が彼らの人生を包み込んでいくあたりも圧倒的である。

キャスト

津川雅彦 石濱朗 川津祐介 小坂一也 山本豊三 有馬稲子 佐田啓二

受賞歴
 
スタッフ
製作: 小出孝、脇田茂
監督・脚本: 木下惠介
撮影: 楠田浩之
照明: 豊島良三
音楽: 木下忠司
録音: 大野久男
美術: 梅田千代夫
編集: 杉原よ志
監督助手: 大槻義一