松竹Cinema Classics

  • Facebook
  • Twitter
メニュー

木下恵介の全作品

公開日:
1947年3月18日
本編尺
86分モノクロ・スタンダード
こんな作品
アイコンの説明

みどころ

あらすじ&解説

恋人同士の文江と積は、生活苦のためになかなか結婚に踏み切れずにいる。文江の父・浩平はふたりの愛を成就させてあげたいと思いつつ、清廉潔白な性格が災いして、未だに失業中。そんな折、積の姉が上京し、彼に良縁があることを伝えてきた……。
戦後の冷たい世相を背景に、生活苦のため結婚が思うに任せない恋人同士の行方を描いたメロドラマ。主演は戦前に『愛染かつら』(38)で空前のブームを巻き起こした田中絹代と上原謙の人気コンビで、木下惠介監督の原案を基に新藤兼人が脚色。戦後の荒廃が愛し合うふたりに重くのしかかっていくという社会派的要素を忍ばせ、そこにロマンティシズムを発露させていくことで、娯楽映画としてのバランスを巧みに保っている。初公開時は同じ戦後の困窮と、また見合い結婚が主流だった当時、恋愛で結婚へ行きつくことに憧憬する若者たちの共感を得て、クリーン・ヒットとなった。

キャスト

田中絹代 上原謙 東野英治郎 東山千栄子 井川邦子 鈴木彰三

受賞歴
スタッフ
監督・原作: 木下惠介
脚色: 新藤兼人
撮影: 楠田浩之
照明: 豊島良三
音楽: 木下忠司
録音: 大野久男
美術: 浜田辰雄
編集: 杉原よ志
製作担当: 細谷辰雄