松竹Cinema Classics

  • Facebook
  • Twitter
メニュー

木下恵介の全作品

公開日:
1951年2月19日
本編尺
108分モノクロ・スタンダード
こんな作品
アイコンの説明

みどころ

あらすじ&解説

新聞社の編集部長・中沼は、かつて想いを寄せていた政治家の妻・伊都子の失踪事件を追うよう、部下の三國に命じた。三國は記事にしないことを約束に、親友の家に隠れていた伊都子の取材に成功し、同時に彼女の妹・三香子と恋に落ちるのだが……。
岸田國士の同名小説を原作に、人は善を貫くために時に魔の心を必要とすることの是非を問いかける野心作。そこには正義と真実を追求してしかるべきマスコミが内包する矛盾やモラルの失墜までもが巧みに織り込まれている。苦悩の果てに“善魔”と化していく純粋な若き編集者を熱演しているのが三國連太郎。本作は彼のデビュー作であるとともに、ここでの役名をそのまま芸名とした。

キャスト

森雅之 淡島千景 三國連太郎 桂木洋子 笠智衆 千田是也

受賞歴
■第2回ブルーリボン賞新人賞(三國連太郎)
スタッフ
製作: 小出孝
監督・脚色: 木下惠介
原作: 岸田國士
脚本: 野田高梧
撮影: 楠田浩之
照明: 豊島良三
音楽: 木下忠司
録音: 大野久男
録音技師: 佐々木秀幸
美術: 浜田辰雄
特殊撮影: 川上景司
編集: 杉原よ志