松竹Cinema Classics

  • Facebook
  • Twitter
メニュー

木下恵介の全作品

公開日:
1948年8月3日
本編尺
73分モノクロ・スタンダード
こんな作品
アイコンの説明

みどころ

あらすじ&解説

不動産屋がアトリエ付きの家を買ったものの、もともとそこを借りて住んでいる貧乏画家一家が出ていこうとしない。業を煮やした不動産屋は妾のミドリとともに父娘を装い、その家の2階に住みつき、追い出し作戦にかかるのだが、ミドリは画家に絵のモデルを頼まれ……。
木下惠介監督の盟友でもあり良きライバルでもある黒澤明が、木下監督のために書き下ろした脚本を映画化。木下映画の資質に沿ったヒロイン映画としての体裁の中、芸術が人の心を気高く変えていくというメッセージは、黒澤ならではのものともいえよう。なお作品完成後、木下は黒澤から「僕ならこう撮る」とズケズケ本音で感想を言われたものの、その意見を真摯に受け止め、もっとスケール豊かに発想していかねばならないと反省したとのことである。その後、再び木下監督、黒澤脚本で時代大作『落城』が企画されたが、残念ながらそちらは実現に至らなかった。

キャスト

井川邦子 三宅邦子 三浦光子 菅井一郎 東山千栄子 佐田啓二

受賞歴
■第3回毎日映画コンクール監督賞
スタッフ
製作: 小倉武志
監督: 木下惠介
脚本: 黒澤明
撮影: 楠田浩之
照明: 豊島良三
音楽: 木下忠司
録音: 佐々木秀孝
美術: 小島基司
編集: 杉原よ志