松竹Cinema Classics

  • Facebook
  • Twitter
メニュー

木下恵介の全作品

公開日:
1948年4月4日
本編尺
67分モノクロ・スタンダード
こんな作品
アイコンの説明

みどころ

あらすじ&解説

ダンサーの敏子は、恋人でもあるやくざ稼業の正に無理やり箱根へと連れていかされる。どうやら正は罪を犯したようなのだが、そんな彼から敏子はなかなか逃れられず……。
物資も予算も乏しい戦後の日本映画界の中、たったふたりきりのキャストを伴い、思い切って撮影所を飛び出してオール・ロケを敢行して完成させた、木下惠介監督ならではの実験精神に満ちた意欲的ヒロイン映画。どうしようもない男の内から醸し出される優しさと狡猾さ、そんな男に翻弄される中から頭をもたげていく女の強さと非情さ、その双方が舞鶴や箱根、熱海と、戦後まもない日本の牧歌的な景色を背景とするロード・ムービー感覚と、俳優の顔のサスペンスフルなアップの対比で描かれていく。クライマックスの火事場シーンは、ライバルでもある黒澤明監督から絶賛された。なお、SKDのレビュー・シーンで群舞を踊るダンサーの中には、映画デビュー前の桂木洋子の姿も見られる。

キャスト

水戸光子、小澤栄太郎

受賞歴
■第3回毎日映画コンクール監督賞
スタッフ
製作: 小倉武志
監督・脚本: 木下惠介
撮影: 楠田浩之
照明: 豊島良三
音楽: 木下忠司
録音: 大村三郎
美術: 平髙主計
編集: 杉原よ志