松竹Cinema Classics

  • Facebook
  • Twitter
メニュー

木下惠介とは | 木下恵介エピソード

佐田啓二の結婚式にて 写真提供:木下惠介記念館

生涯において独身だった木下監督ではあるが(実は一度結婚しているが入籍はせず、しかも新婚旅行で見切りをつけ、男女の関係もないまま別れている)、スタッフやキャストなど好きな者たちへの面倒見の良さが高じて、彼らが結婚するときの仲人まで引き受けることがしばしあった。例えば、松山善三&高峰秀子カップルの場合は川口松太郎夫妻との共同媒酌で、佐田啓二は木下&小津安二郎監督と二人の独身監督の媒酌で結婚に至っている。当然麗しき師弟関係の賜物として、こうした異例の事態が堂々と成立しているわけだが、愛すべき仲間たちの明日を希望に導きたいという木下監督の優しさと願いが伝わるエピソードでもある。