男はつらいよ

  1. >
  2. みんなからのメッセージ

みんなからのメッセージ

戻る

作品を選ぶ
  • 寅さんへ 〜歌子より〜

    よっさん
    よっさん  さん

    『男はつらいよ』のシリーズでも、吉永小百合さんの演じた歌子さんのマドンナの作品が好きだった。それで歌子さんの気持ちで歌言葉にしてみました。


    ♬ 寅さんへ
    〜歌子より〜

    あゝあなたに会いたいなぁ
    あゝ寅さんに会いたいなぁ

    初めてあなたに会った時
    ...そう友達と旅行の時かな
    北陸の街にあなたはいたの

    ただ楽しくて 笑ってた
    そうあの時 悩んでたの
    彼との結婚とか父のこととか
    でも あなたといると
    とても素直に要られたの

    私が何かを決めて
    前に進む時に
    そう寅さんあなたがいつも
    いつも背中を押してくれる

    それから何年も経ったある日
    私は彼を亡くして
    生きる希望すら失いかけてた
    津和野の彼の実家にいた時
    寅さんあなたが突然に
    目の前に現れたの
    とても驚いたけど
    とても嬉しかったの

    寅さんと話してたら
    いつしか迷いも消えてた
    そして一人で歩いて行く
    そんな勇気がもらえたの

    あれから私も頑張ったよ
    小さな島で子どもたちと
    走り回り 保育士として
    ここまで生きてこられた

    もう何十年も経ったのね
    また会いたいなぁ
    いままでのこと
    いっぱいあなたに話したい

    私が何かを決めて
    前に進む時に
    そう寅さんあなたがいつも
    いつも背中を押してくれる

    ねえ 寅さん
    あなたに会いたいの
    またぶらっと
    ここに来てくれないかな

    寅さん いま 何処にいますか
    あなたとまた会えますか

    あゝあなたに会いたいなぁ
    あゝ寅さんに会いたいなぁ

    歌子より 寅さんへ

    〜よっさん〜

    もっと読む

    第13作
    男はつらいよ 寅次郎恋やつれ

    作品情報へ

  • 俳優さんとしてシャイな長渕剛さん

    亀有も葛飾区
    亀有も葛飾区 さん

    父が寅さんのファンであった事と、私が長渕剛さんのファンであった事がきっかけでこの作品を観たいと思い拝見しました。
    今の長渕兄貴とは想像つかないほどシャイな青年を演じている長渕剛さんも、なんだか可愛くて寅さんとの掛け合いも見どころのひとつです。

    第37作
    男はつらいよ 幸福の青い鳥

    作品情報へ

  • 寅さん一家はお金に律儀なのですね

    極悪オヤジのスギさん
    極悪オヤジのスギさん さん

    池之内画伯がスケッチブックに描いた落書きを売って、とら屋に残した7万がありました。
    後日さくらさんが、わざわざ画伯のご自宅まで出向き返却されていました。
    返却されたのは、画伯ご自身が食されたうな重の代金の残金となる6万数千円であろうと思われます。

    でも、相手は日本屈指の...大画伯、さらにはとら屋さんが被った迷惑料その他と割り切れば、別に無理してお返ししなくてもいいのでは、と私は思うのですが・・・。

    同じようなことが、22作でもありました。
    旅先で、博さんの父上のお財布から、寅さんが帰りの汽車賃を拝借したようでした。
    でも、それもさくらさんから後日お返しされていました。

    ほっとする一瞬です。
    車家の方々は本当に律儀です。

    これが首尾一貫とした山田監督のお考えなのですね。

    もっと読む

    第17作
    男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け

    作品情報へ

  • 記憶に残っている最初の作品。

    杉森岬
    杉森岬 さん

    初めて男はつらいよを観たのは、ハイビスカスの花らしいのだが、リアルタイムでの記憶には無い。

    勿論、今では全作(アニメ版、ドラマ版も含む)視聴済み。

    その中で一番は中々難しいが、やはりこの作品は、完成度がずば抜けている。おそらく五指に入るくらいに。備中高梁を舞台に、寺と...寅をかけたのかは分からないが、坊主になった寅さんが騒動を巻き起こす。(^-^)

    最後のシーンの切なさも、全作屈指のもので、胸がキリキリ痛む。

    なのに何故か爽やかな視聴感になる。それこそ、ある意味理想の映画ではないだろうか?映画史に残るような銘作は、そのような作品が多い。だから男はつらいよが半世紀も愛されているのだろうし、新作も作られるのだろう。

    寅さん、ありがとう。(^-^)

    もっと読む

    第32作
    男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎

    作品情報へ

  • 父親と初めて映画館でみた映画

    寅猫
    寅猫 さん

    中学一年生の頃 父親と観た想い出深い映画です。
    当時 母親を亡くしたばかりで 落ち込んでばかりはいられないからと父親が映画に誘ってくれました。
    当時私が観たかった流行りのアメリカ映画と ハシゴで観たこの映画。大画面で繰り広げられる笑いと温かさに包まれ なんとも ほんわかとして...映画館を出たものです。帰りに 父親が 寅さんの湯の平荘での焼香のシーンなど 面白かったなぁと笑って何度も話してた事を思い出します。
    その五年後にその父親も亡くなり、懐かしさも相まって 寅さんの作品を観るようなり、ほぼ全作ハマってしまいました。今では2人の息子も大ファンです。

    寅さん作品を観るたびに 懐かしい故郷に帰ったかのような なんとも言えない温もりと元気を貰っています。人としての道理や優しさ、家族愛、今の時代だからこそ 若い人たちにも観てほしいと思える作品ばかりです。
    この花も嵐も寅次郎は、若き日の沢田研二さん演じる親孝行の三郎青年と田中裕子さん演じる蛍子ちゃんの恋愛模様と2人を応援しつつ蛍子ちゃんに想いを寄せる寅さんをユーモラスの中にもせつなさが盛り込まれ
    た作品です。また九州大分、別府の湯けむり風景が 素晴らしく旅情感満載です。
    笑いあり涙ありの最高な寅さん。
    これからも ずっとずっと大好きです。

    もっと読む

    第30作
    男はつらいよ 花も嵐も寅次郎

    作品情報へ

  • ウィーンの空港で遭遇

    小江戸かえる
    小江戸かえる さん

    この年の6月初旬に撮影していた一行に遭遇しました。渥美さんは通り過ぎて行く姿を拝見しただけでしたが、柄本さんに一緒に写真を撮らせてもらいました。淡路さんと竹下さんはカフェのような所に座っていらっしゃいました。飛行機のエンジントラブルが無ければ、長く空港にいることもなかったと思うの...で、会えたのは奇跡的でした。一生の思い出です。

    もっと読む

    第41作
    男はつらいよ 寅次郎心の旅路

    作品情報へ

  • 私も一目惚れ

    まいまい
    まいまい さん

    私は、上映時はまだ生まれていなかったのですが、TVの再放送でこの回を見たとき、若尾文子さんの美しさ・所作に心を奪われました。昭和の女性らしさ、といいますか。でもとても妖艶なところもあり。とにかく、20代半ばの当時の私は寅さん同様心を奪われてしまいました。そこから、昭和の女優さんに...とても興味を惹かれて、「男はつらいよ」同様に大映作品にも興味を持ち始め、小津作品も見るようになりました。とても素晴らしい出会いのあった特別な作品です!森繫久彌さんも味がある!

    もっと読む

    第6作
    男はつらいよ 純情篇

    作品情報へ

  • リリーさん最高です

    森 寅夫
    森 寅夫 さん

    リリー松岡さんは4回出演されていますが、この作品がベストだと思います。全作品の中でも 夕焼け小焼けと並んで東西の横綱作品です。最後の泣けるシーン、メロンのばかばかしいシーンなど名場面満載ですが、雨の降る中リリーさんを迎えに行った寅さんとの相合傘の帰り道、リリーさんが寅さんの体を気...遣うセリフが自分が歳をとるごとに胸に沁みて、響きます。ああ寅さんがうらやましい・・・。

    もっと読む

    第15作
    男はつらいよ 寅次郎相合い傘

    作品情報へ

  • 音楽

    のぶじろう
    のぶじろう さん

    第10作で流れるクラシック音楽を知りたいです。最初に、とらやを飛び出した寅さんが、田舎道を歩いているシーン。次に、おちよさんが「寅ちゃんの気持ちがうれしい」といって泣いている時に流れた曲。Shazamでも楽曲を検出できませんでした。すごく知りたいです。
    寅さんがもっとも結婚のチ...ャンスがあったシリーズ。もちろんここで結婚する訳にはいかないが。 あの告白のシーンは上のの不忍池だろうか。あのときの、腰抜かし演技とか、これは役者だからといって出来るものじゃないと思う。 寅さんは本当に寅さんだっただな。

    もっと読む

    第10作
    男はつらいよ 寅次郎夢枕

    作品情報へ

  • 今にきっといい事あるからよ

    はじちゃん
    はじちゃん さん

    寅次郎の深さというか、愛というか、アメリカ嫌いだった寅次郎が最後にマイコーへ伝えたセリフに心が打たれます。どれだけ己の境遇が不幸であろうが、愛するひとと結ばれない悲しみを背負っていようが、困っているひとや落ち込んでいるひとを見たら自分そっちのけで放って置かないのが寅次郎。その言葉...はなんの根拠も無いはずなんです。けれども、寅さんに励まされたら思わず笑みがこぼれちゃうくらい粋でカッコいいんです。
    「いいか、へこたれるんじゃないぞ。今にきっといい事あるからよ。おめえなら幸せなれるからよ。」
    って。誰にでもそんな風に励まして、元気づけてくれる寅次郎。さくらにフラれたマイコーを気遣ったラストが忘れられません。いつまでも心響いてます。そんなひとを側で感じられる思いでした。

    もっと読む

    第24作
    男はつらいよ 寅次郎春の夢

    作品情報へ

  • 寅次郎 夕焼け小焼け

    すすめ!ヒデヨシくん
    すすめ!ヒデヨシくん さん

    シリーズで一番好きな作品です。
    私の中では最高傑作だと思っています。
    ただ、以前から疑問に思っていることがあります。
    それは昭和45年か46年頃公開された映画で渥美マリ主演の「いいものあげる」
    という作品があります。
    その中で主演の渥美マリ扮する主人公がぼたんという名前...の芸者で、インチキ
    投資話しに騙されるという内容の箇所があります。
    全体の話の流れは寅さんとは全く違いますが、この箇所だけは偶然の一致とは
    思えないので、なぜ、似ているのか、どなたかご存知のかたがいらっしゃったら
    教えて頂けませんか。よろしくお願い致します。

    もっと読む

    第17作
    男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け

    作品情報へ

  • 寅さん・・・

    蜆塚の寅次郎
    蜆塚の寅次郎 さん

    人妻であるふじ子さんに恋をした寅さん、夫であり失踪した健吉さんがそのままいなくなれば・・・。とどうしても考えてしまい自分を愚か者だと言う。けれど最後の最後に健吉さんが現れて・・・。ふじ子さんと健吉さんが再開して泣き合う2人。その2人を見守る寅さん。この時の寅さんの気持ちわかります...。寅さんの優しさが本作でも溢れていました。あと冒頭の夢の部分ではタコ社長が総理大臣であり丸メガネをかけて葉巻を吸っていて、まるであの総理大臣みたいだったのが面白かったです。

    もっと読む

    第34作
    男はつらいよ 寅次郎真実一路

    作品情報へ

  • 寅さんの優しさが・・・。

    蜆塚の寅次郎
    蜆塚の寅次郎 さん

    この作品のラストは本当に悲しいです。寅さんが朋子さんのことを思って「本気にしてないよ。安心した?」と言ったけれど朋子さんの寅さんを想う気持ちは本気で・・何か言いたげの朋子さん。でも電車のドアは閉まってしまう。こんなラストが本当に悲しいなぁ〜と思ってしまった今作です。

    第32作
    男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎

    作品情報へ

  • 人生初寅さんでした

    蜆塚の寅次郎
    蜆塚の寅次郎 さん

    昔から「男はつらいよ」という映画は知っていましたが、なかなか観る機会に恵まれずなんやかんやで数年が経ったこの前、ふと点けた番組が「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!」でした。毎回マドンナに失恋して旅立つ。毎回同じ繰り返しだけど、毎回毎回観るのが楽しくて泣かされてしまうのが「男はつらいよ...」です。これこそ本当の男の姿だと思います。毎回寅さんが旅に出ている日本各地、作品内に写っているのは懐かしい日本の姿というのと、現在のようにスマートフォンもなくLINEやTwitterなどもなく不自由だったけれどそこに味がある姿を映してくれたのが「男はつらいよ」でした。

    もっと読む

    第20作
    男はつらいよ 寅次郎頑張れ!

    作品情報へ

  • 理想は...

    さすらいのかっちゃん
    さすらいのかっちゃん さん

    吉永小百合、とても可愛くて美しいなぁ。
    やっぱり寅さんは、最後に振られてしまうんだなぁ。
    どうしてあんなにマドンナは思わせぶりな人たちが多いのだろうか。自分が寅さんだったとしても、向こうが自分のことを好きなのかもしれないと思ってしまうだろう。

    本当の幸せってなんだろうな...ぁ。自分もこの機会に考えてみようかなぁと思い、少し考えて見ましたので、つまらねえものですが、書かせていただきます。

    寅さんは、いい人。困っている人を見ると、すっとお金をさしあげたり、人探しを手伝ったり、喜ばせたり。

    そして、しばしば恋に落ちる。相手のマドンナたちは、毎回とても可愛くて美しく、優しい。そんなマドンナたちが幸せになれるようにと、寅さんは彼女たちへの愛から、色々と優しくしようと気を使う。マドンナも、毎回何かしらの問題を抱えているが、寅さんとの関わりを通して笑い転げて、大変面白いと感じてふと悲しみなりを忘れたり、乗り越えたり、解決することができる。マドンナは、最終的に問題を解決して、自分自身の恋人と結ばれていく。マドンナはこれで幸せになれる。

    一方の寅さんはというと、惚れていたマドンナと一緒になることが結局できない。だが、マドンナの方は、好きな人と結ばれて幸せそうに見え、実際にそうなのだろう。
    寅さんは、惚れた相手が幸せになってくれているのを見て、「おう、それはよかったなぁ〜」と笑いながら泣く。

    本当の幸せとはなんだろうか。自分がいいと思った相手が幸せになってくれることが自分の幸せなのだろうか。例え自分自身が幸せになれなかったとしても。
    相手も自分も幸せになれることが一番いいのかなぁ〜。

    もっと読む

    第9作
    男はつらいよ 柴又慕情

    作品情報へ

  • 自分の道を歩んでいく

    さすらいのかっちゃん
    さすらいのかっちゃん さん

    やはり、渡世人と堅気の暮らしの人とでは、一緒になれることはできない。そのことを改めて悲しく浮き彫りにした作品だった。
    寅さんは、他人からとても気楽で毎日楽しそうに暮らせているように思われているが、寅さんは、自分の渡世人の生活を「しがない旅がらすの生活だよ。結構辛くて大変なもんで...すぜ」と相手に理解されないとわかりながらも呟く。寅さんの小さい頃の家庭での生活、成長環境から、自然とそのような生き方になってしまった。運命に逆らわずに生きな、とひろしの親父は寅さんに伝えるが、寅さんは、運命に自然にしたがって、あのような生き方しかできなくなってしまったんだと、自分は見ていてそう感じた。
    いいなぁ。ひろしのお父さん、優しいなぁ。そして、さくら、とても可愛くて綺麗で、お兄ちゃん想いな、いい優しいやつだなぁ。そして、寅さんは、人を泣かせるやつだなぁ。

    もっと読む

    第8作
    男はつらいよ 寅次郎恋歌

    作品情報へ

  • 田所先生、好きよ!

    みのり
    みのり さん

    いつもならば、寅さんが美しきマドンナに恋をしても、マドンナの傍らにはお似合いの本命らしき人が寄り添っていて、最後に寅さんがフラれるというパターンがこの回は変わっていますね。

    恥ずかしがり屋で不器用な田所先生が、寅さんに(恋をするってことはもっと単純ななことなんじゃないの)と...諭されて、礼子さんに思いを打ち明けようようと決心をして宛てた手紙は誠実でひたむきで心打たれます。でも礼子さんは断る。しかもあんな電話の切り方〈私はここで泣きそうになります〉いつも話題にするほど尊敬している人からあのような手紙をもらってあんな断り方をするのかなと何度か見るほどにそう感じてしまいます。

    最後に寅さんと田所先生が、一緒に船に乗って終わるシーンは、寅さんの表情も明るくてほっとします。湖には大きな富士山が出ていて、昔の時代劇のような終わり方も、終わり良ければ総て良し。シリーズの中で一番好きな作品です。

    小林桂樹さんはご自身の著書『役者60年』の中で「日本沈没」の田所博士が同じ名前で「男は辛いよ」に出ていることを面白いでしょという感じで書かれていて「僕には寅さんの悲しみが分かります」とありました。桂樹さんの希望でこのシリーズだけあのようなストーリーになったのではなかろうかと妄想しながら、楽しんで観ました。

    もっと読む

    第16作
    男はつらいよ 葛飾立志篇

    作品情報へ

  • どきどきさせられるあゆみさん

    大人になったら大ファン
    大人になったら大ファン さん

    NHKの寅さん特集から毎週BSで楽しみにみています。特に、りりーさんとかがりさんのマドンナは最高です!どのシーンもとても奥が深く、人間国宝の片岡さんの深い演技やセリフ、いしだあゆみさんのどこか影のある美しさは今までの寅さんに無い大人なドラマ。そんな中にもユーモアや笑いをちりばめる...山田監督はまさに天才!あゆみさん演じるマドンナと歌舞伎役者のやり取りは何とも言えません。鎌倉デートを取り巻くさくらたちのどきどきした感じもすごく良かったです。寅さんの中でもベスト5には入る名作です。

    もっと読む

    第29作
    男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋

    作品情報へ

  • ハイビスカスの花 特別編

    華
    華 さん

    昭和も遠く 感じるようになった 平成九年 渋谷の映画館で拝見しました、渥美さんが お亡くなりになって 一年後に封切られた 映画です 、これで モウ 寅さんは 見られないのかと 思いますと、寂しさ一杯でした、最後も いつもの
    寅さんの 啖呵売ではなく 満男が 夕暮れの柴又に帰って...くる、シーンでした、
    満男さんが これは 伯父さんの 二十年前の話です 、それからの事は 又と言って 終わります、満男さん ぜひ その後の寅さんの事 話してください。
    それから 渥美さんが お亡くなりに なった後で 皆で寅さん お帰り というポスターがありましたが あれを 是非 復活させて 柴又に張ってください、
    きっと 寅さんが 又帰ってきてくれると、思います。最後に 監督 キャスト、スッタッフ の皆様、本当にありがとうございました。
    追伸。 素晴らしいマドンナの方々が 出演なさっていますが 私共 観客の立場で言わせていただきますと、、一番の マドンナは やはり 倍償千恵子さん、だと思います 平成二九年の 現在でも やはり、お綺麗です。

    もっと読む

    第49作
    男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇

    作品情報へ

  • 純情編

    華
    華 さん

    柴又駅のホームで 寅さんと 桜さんが 別れます、 その時 寅さんが桜さんにむかって、 故郷ってやつはよ 故郷ってやつはよ その時 電車のドアが閉まります、 お兄ちゃん ナーニ? ドアの向こうで 寅さんが 何か ひっしに 話しています、あの時 寅さんは 何を言ったのでしょう。寅さん...ファンの皆様はどう お考えですか? 私は 故郷ってやつはよ、その後は胸に迫って言葉にならなかったのだと、思います、ただ、電車が動き出したとき  桜 博と 仲良くしろよ、と叫んでいたのではと、 思っていますが、皆様は どう思われますでしょうか。 

    もっと読む

    第6作
    男はつらいよ 純情篇

    作品情報へ

続きを読む