男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 柘植
柘植

三重県 柘植

日本地図
北海道 網走

柘植 基本情報

柘植駅(つげえき)は、三重県伊賀市柘植町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。三重県内で最初に開業した駅である。「拓殖(たくしょく)」などと誤解されることが多い。
当駅の所属線である[1]関西本線と、当駅を起点とする草津線との接続駅となっている。
当駅は近畿統括本部亀山鉄道部が管轄する。草津線についても三重県と滋賀県の県境付近にある境界標までの約1.4kmの区間は亀山鉄道部の管理である。なお、当駅から関西本線加茂方および草津線方面が大阪近郊区間に入る。

Wikipediaへ

第2作 昭和44年11月
続 男はつらいよ

  • 三重県 伊賀市 柘植駅前の旅館・小崎亭/寅さんが夢から目覚める
  • 京都市 東山区 清水寺〜哲学の道/坪内父娘が歩いている
  • 京都市 右京区 嵐山・渡月橋のそば/寅さん、夏子と再会
  • 京都市 東山区 安井毘沙門町 グランドホテル仏蘭西ハイツ/寅さん、夏子と瞼の母に会いに行く
  • 京都市 中京区 旅館 巴家/寅さんと散歩先生、酒を酌み交わす
  • 京都市 東山区 三条大橋/寅さんとお菊、仲良く歩いている
続 男はつらいよ

第2作 続 男はつらいよ

一年ぶりに帰郷した寅さんは、葛飾商業の恩師・坪内散歩(東野英治郎)と、その娘・夏子(佐藤オリエ)と懐かしい再会を果す。酒を酌み交わしたものの、寅さんは胃けいれんを起こし入院してしまう。しかし寅さんは病院を抜け出し、無銭飲食をして警察沙汰となり、さくらは心を痛める。故郷を後にした寅さんは、京都で夏子らと偶然再会し、散歩先生の薦めで、“瞼の母”に会いに行くが… ...

続きを読む

マドンナ
ゲスト

近隣ロケ地