佐藤B作|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社

男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 佐藤B作(福田栄作)

福田栄作 第33作 佐藤B作

プロフィール

福島県出身、大学在学中の1973年、劇団東京ボードヴィルショーを結成、座長をつとめている。テレビバラエティ、ドラマ、映画を中心に活躍している。芸名の由来は、佐藤栄作元首相から、役名はさらにもじって福田栄作となっている。

 
佐藤B作

第33作 昭和59年8月
男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

福田栄作

福田栄作(佐藤B作)

そんな貧弱な想像しか、できないんですか?

茨城県牛久沼に念願のマイホームを購入したものの、ローンの支払いが大変で、奥さんがパートに出たものの、上司と不倫して失踪。その居場所をつきとめて、北海道へやってくる。寅さんに「ネクラ」と呼ばれている。

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

第33作 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

初夏の釧路で、根無し草の風子(中原理恵)に、かつての自分の姿を見た寅さんは、彼女を道連れに旅をする。根室で叔母の世話で理容室につとめることになり、落ち着いたかのように見えた風子だったが、旅回りのサーカス一座のオートバイ乗り・トニー(渡瀬恒彦)に惹かれてまた旅暮らしとなる。柴又に帰って来た寅さんに届いた報せは、風子が病床についているという話だった…
 寅さんが渡世人として、同じ渡世人のトニーと渡り...

続きを読む