毒蝮三太夫|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社

男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 毒蝮三太夫(石田良吉)

石田良吉 第11作 毒蝮三太夫

プロフィール

本名の石井伊吉として、劇団こけし座の子役時代より、映画、舞台で活躍。谷口千吉監督の『潮騒』(54年)、成瀬巳喜男監督の『鰯雲』(57年)などに出演。66年、TBSの「ウルトラマン」のアラシ隊員役で、子供達の人気を博した頃、立川談志により毒蝮三太夫に改名。

 
毒蝮三太夫

第11作 昭和48年8月
男はつらいよ 寅次郎忘れな草

石田良吉

石田良吉(毒蝮三太夫)

リリー「ねえ、さくらさん、あたしほんとはね、この人より寅さんのほうが好きだったの」
良吉「またそれ言う・・・」

リリーが結婚するすし職人。千葉県の新松戸で「清寿司」を開店させ、リリーの女将ぶりもあって、店は繁盛するが・・・

男はつらいよ 寅次郎忘れな草

第11作 男はつらいよ 寅次郎忘れな草

満男のためにピアノが欲しいという、さくらの願いを叶えるべく、寅さんが奔走して手にいれてきたのは玩具のピアノだった。結局、それが大騒動へと発展し、北海道へ旅立った寅さんは、旅回りの歌手・リリー(浅丘ルリ子)と出会う。浮草稼業のリリーは、寅さんと意気投合する。寅さんは地道に生きようと、酪農家で働くが三日と持たずに柴又へ帰ってくる。そこへリリーが訪ねて来て、寅さんとの再会を喜び合うが、何やら訳あり風...

続きを読む