風見章子|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社

男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 風見章子(和代)

和代 第34作 風見章子

プロフィール

戦前、日活映画『時代の霧』(37年)、『汐風の乙女』(39年)などでお嬢さんスターとして一世を風靡。戦時中より松竹映画で活躍し、戦後は各社の映画に出演。シリーズ第2作『続男はつらいよ』では、寅さんの瞼の母として登場している。長いキャリアを誇り、2007年にはオダギリジョー主演『転々』に出演。

 
風見章子

第34作 昭和59年12月
男はつらいよ 寅次郎真実一路

和代

和代(風見章子)

気をつけてね。忘れ物ないわね

ふじ子の母。九州へ健吉を捜索に行くふじ子のかわりに、隆の面倒をみるために牛久沼へ。

男はつらいよ 寅次郎真実一路

第34作 男はつらいよ 寅次郎真実一路

上野の焼き鳥屋で、“懐が旅先”の寅さんに奢ってくれたのは、仕事に疲れた証券マン、富永健吉(米倉斉加年)。律儀な寅さんは御礼にと今度は御馳走するが、結局、茨城県牛久沼の富永宅に泊まる。富永夫人のふじ子(大原麗子)の美しさにドギマギする寅さんだったが、ある日、仕事に疲れた富永が失踪。寅さんは哀しみに打ちひしがれるふじ子と共に、富永の故郷、九州へと捜索の旅に出るが・・・
 第22作『噂の寅次郎』に次いで...

続きを読む