秋野太作|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社

男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 秋野太作(川又登)

川又登 第33作 秋野太作

プロフィール

俳優座養成所第15期生を経て俳優座へ、フジテレビ「男はつらいよ」(68〜69年)で、寅さんの舎弟・登を演じ、映画版にも出演。中村雅俊主演の「俺たちの旅」(75〜76年)で、主人公の先輩で親友のグズ六を好演。ドラマだけでなく、バラエティや旅番組のレポーターとしても活躍。

 
秋野太作

第33作 昭和59年8月
男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

川又登

川又登(秋野太作)

兄貴、懐かしいなぁ・・・まだやってんのかい、こんなこと・・・

寅さんのかつての舎弟。東北出身で、テキヤに憧れ、啖呵売の旅を続けている。時には一念発起して、柴又で寅さんの実家の手伝いをしたり、金町の旅行会社に就職をしたことも。後に、堅気となり結婚し一女をもうけ、盛岡で商売をしている。

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

第33作 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

初夏の釧路で、根無し草の風子(中原理恵)に、かつての自分の姿を見た寅さんは、彼女を道連れに旅をする。根室で叔母の世話で理容室につとめることになり、落ち着いたかのように見えた風子だったが、旅回りのサーカス一座のオートバイ乗り・トニー(渡瀬恒彦)に惹かれてまた旅暮らしとなる。柴又に帰って来た寅さんに届いた報せは、風子が病床についているという話だった…
 寅さんが渡世人として、同じ渡世人のトニーと渡り...

続きを読む