沢田研二|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社

男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 沢田研二(三郎)

三郎 第30作 沢田研二

プロフィール

1967年、グループサウンズ「ザ・タイガース」のリード・ヴォーカルとしてデビュー。ジュリーの愛称でティーンの人気者に、1973年よりソロ活動を開始し、歌手、俳優として、テレビ、映画、舞台で活躍。長谷川和彦監督『太陽を盗んだ男』(79年)、鈴木清順監督『夢二』(91年)などの話題作に出演し、1999年の市川準監督『大阪物語』では、本作での共演がきっかけで結婚した田中裕子と共演。

 
沢田研二

第30作 昭和57年12月
男はつらいよ 花も嵐も寅次郎

三郎

三郎(沢田研二)

寅さん、男は顔ですか?

母ひとり子ひとりで育って来た三郎青年。かつて母がつとめていた湯平館を訪れ、寅さんの計らいで法事をすることに。同宿していた螢子たちとも知り合い、楽しい旅をするうち、螢子に惚れてしまう。仕事は、千葉県船橋市の谷津遊園のチンパンジーの飼育係。寅さんの指南をうけて、螢子にアタックするが・・・

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎

第30作 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎

大分県湯平温泉の馴染みの宿。寅さんは、ここで母が女中をしていたという三郎(沢田研二)のために、彼女の法事をしてあげようと一肌脱ぐ。たまたま同宿だったデパートガール・螢子(田中裕子)たちも焼香し、翌日、寅さん、三郎、螢子たちは皆でドライブを楽しむ。二枚目だけどシャイな三郎は螢子に一目惚れして、寅さんはまたもや恋の指南役を買って出るが…
 トップスター沢田研二と実力派女優の田中裕子を迎えたシリーズ第...

続きを読む

マドンナ
ゲスト