布施明|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社

男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 布施明(小柳邦男)

小柳邦男 第23作 布施明

プロフィール

1965年「君に涙とほほえみを」で歌手デビュー、「霧の摩周湖」「積木の部屋」「シクラメンのかほり」など数多くのヒット曲を放つ。映画は『愛しのチイパッパ』(86年)、三谷幸喜監督『ラヂオの時間』(97年)『みんなのいえ』(01年)などに出演。

 
布施明

第23作 昭和54年8月
男はつらいよ 翔んでる寅次郎

小柳邦男

小柳邦男(布施明)

つまり、一度も言ったことなかったろう。君のこと好きだって・・・

インテリア会社・社長の御曹司。入江ひとみの婚約者だったが、結婚披露宴の途中、ひとみが失踪。彼女を悪く言う父親に反発して、仕事も辞めて家出。帝釈天近くの自動車工場で働くことに。そんな邦男に、ひとみは惹かれてゆく。

男はつらいよ 翔んでる寅次郎

第23作 男はつらいよ 翔んでる寅次郎

北海道で、支笏湖の旅館の若旦那(湯原昌幸)に、言い寄られていた入江ひとみ(桃井かおり)のピンチを助けた寅さん。結局、若旦那の宿に泊まり、マリッジブルーのひとみの悩みを聞いてあげる。それからしばらくしたある日、ひとみは、婚約者の小柳邦男(布施明)との披露宴の当日、ホテルからウエディングドレスのまま逃げ出し、とらやへとやってくるのだが…
 田園調布のお嬢さんを田園地帯の貧しい娘と勘違いしてしまう寅さ...

続きを読む