吉田義夫|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社

男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 吉田義夫(座長)

座長 第8作 吉田義夫

プロフィール

画家志望で京都市立芸術大学の前身にあたる、絵画専門学校で日本画を学ぶ。兵役を経て、舞台俳優となり、1952年から東映京都の時代劇で、悪代官役などを好演。悪役バイプレイヤーとして時代劇で活躍。『男はつらいよ』シリーズでは、座長役だけでなく、寅の夢のシーンで“悪代官”イメージを活かした役柄を好演。

 
吉田義夫

第8作 昭和46年12月
男はつらいよ 寅次郎恋歌

座長

座長(吉田義夫)

お陰さまでこのとおり巡業を続けさせていただいております。

とある漁師町で寅が出会った旅役者一座の座長。寅を先生と慕い、寅も一座のパトロン気取りになって、失敗することも。娘は一座の花形女優・大空小百合(岡本茉莉)。

男はつらいよ 寅次郎恋歌

第8作 男はつらいよ 寅次郎恋歌

「ハハキトク」の報を受け、備中高梁へと向かった博とさくらは、葬儀にやってきた旅先の寅さんとバッタリ再会。博と父・飃一郎の関係はギクシャクしているが、寅さんは飃一郎と意気投合して高梁に残る。そこで「本当の人の暮らし」についての説教を受け、反省の気持ちと共に柴又へ。同じ頃、門前では、六波羅貴子(池内淳子)が喫茶店「ローク」を開店。女手一つで、小学生の息子を育てる貴子に、寅さんの想いは募るばかり・・...

続きを読む