井川比佐志 |松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社

男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 井川比佐志 (木村剛)

木村剛 第5作 井川比佐志

プロフィール

俳優座7期生。勅使河原宏監督の『おとし穴』(62年)で注目を浴び、映画、テレビ、舞台で活躍。テレビ版「男はつらいよ」では、諏訪博士(職業は医師・第2作の藤村医師にあたる役)を演じ、長山藍子のさくらと結婚するという展開だった。『家族』(70年)、『故郷』(72年)などの山田洋次作品に出演。

 
井川比佐志

第5作 昭和45年8月
男はつらいよ 望郷篇

木村剛

木村剛(井川比佐志 )

今聞いたら、寅さんが、店をやってくれる、それなら、母さんも助かるし、非常に好都合だなって・・・

節子の恋人で、国鉄に勤めている。近々転勤が決まって、節子と結婚する決意をする。

男はつらいよ 望郷篇

第5作 男はつらいよ 望郷篇

義理ある正吉親分(木田三千雄)危篤の報をうけ、寅さんと登は札幌へ向かう。息子に逢いたいと懇願する親分のために、寅さんは機関手の息子・石田澄雄(松山省二)を説得するが、拒まれてしまう。親分の死により、浮草稼業に嫌気がさした寅さんは、一念発起、堅気を目指し、裏の工場の労働者となる。しかし長続きはせずに、たどり着いたのは浦安の豆腐店「三七十屋(みなとや)」。その一人娘・節子(長山藍子)に惚れた寅さん...

続きを読む