三田寛子|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社

男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 三田寛子(由紀)

由紀 第40作 三田寛子

プロフィール

1981年、TBSのドラマ「2年B組仙八先生」の生徒役でデビューを果たし、82年「駈けて来た処女(おとめ)」でレコードデビューを果たし、トップアイドルに。CMソングで使われた「初恋」が大ヒット。テレビバラエティ、ドラマで活躍。映画は『みゆき』(83年)、『Let’s豪徳寺』(87年)などに出演。1991年、山田洋次監督の『ダウンタウンヒーローズ』(87年)にも主演した歌舞伎俳優・三代目中村橋之助と結婚。梨園の妻として夫を支えている。

 
三田寛子

第40作 昭和63年12月
男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

由紀

由紀(三田寛子)

寅さんが早稲田の杜にあらわれて やさしくなった午後の教室

早稲田大学に通う、真知子の姪。小諸の真知子宅に遊びに来ていたところを寅さんと出会う。感性豊かな女子大生で、“とれたての短歌”を書きためている。ひょんなことから出会った同学の尾崎茂と交際を始める。

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

第40作 男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

信州小諸、駅前で知り合ったお婆さん(鈴木光枝)の家に泊まり、昔語りを聞く寅さん。翌朝、医師・原田真知子(三田佳子)が、お婆さんを病院に入院させるためにやってくる。重病のお婆さんは、寅さんの説得でなんとか入院し、真知子は寅さんを御礼にと家に招待する。くるまやに帰った寅さんは、満男の大学受験の下見ということで、真知子の姪・由紀(三田寛子)を早稲田大学に訪ねる。さらに真知子も息子に会うために東京へ。...

続きを読む