松竹Cinema Classics

  • Facebook
  • Twitter
メニュー

木下恵介プロフィール

木下監督について

日本映画史に輝く名作『二十四の瞳』をはじめ、 ヴェネツィア国際映画祭正式出品の傑作『楢山節考』、 日本初のカラー映画『カルメン故郷に帰る』、 米アカデミー賞外国語作品賞ノミネート『永遠の人』など数々のヒット作を生み、世界が認める功績を残した木下惠介。 日本映画最盛期に、黒澤明と共に人気・評価を2分し、日本映画界の一時代を築いた天才監督。

木下監督は、あるインタビューで“映画監督”についてこう語っています。

「映画監督っていうのは、本当の人間を描くために、毎日毎日考え日夜苦労しているわけです 理屈でいっても忘れちゃうけど、泣いて映画を見た心はいつまでも印象に残るんだと思う。それが映画監督の社会における義務だと思う。」

その言葉通り、木下監督は生涯に渡り、日本人の強さ、弱さ、美しさ、喜びや悲しみの物語を通して<本当の人間>を描き続けました。
その徹底した姿勢から、“信念の人”とも言われています。

信念の人×挑戦者


写真提供:木下惠介記念館

一方、映像表現への実験精神は旺盛で、日本初のカラー映画、全編斜めに撮影されたフレームや鮮やかな部分着色など革新的なアイディアと技術を取り入れています。
さらには、当時誰よりも早くテレビ界へ進出するなど、固定の枠に捉われず、多様な様式を取り入れ、自由自在に駆使した映像作家でもあります。

木下監督は、生涯49の映画作品を撮りました。
“コメディの天才”と称される喜劇の数々、“泣かせの木下”とも言われた抒情的作品、革新的で実験性に富んだアート作、 世の中に疑問を投げかける社会派作品など、そのジャンルや作品の多様性は類をみません。また、テレビ界では、一世を風靡した「木下恵介アワー」「木下恵介劇場」で日本のテレビドラマの礎を築きました。 映画、テレビにわたりバラエティに富んだ木下作品は、見る者を飽きさせません。

しかし、その作品の根底には一貫して、木下監督の見つめ続けた<本当の人間>の姿が描かれています。